ディスクロージャーポリシー

IR基本方針

当社は、適時・適切な会社情報の開示を、迅速かつ正確に、加えて公平に行うため、適時開示に関する業務について適時開示規程を定めております。また、適時開示の徹底を行うための指針として、適時開示規程において以下のディスクロージャーポリシーを定めております。

(1)当社は、株主・投資家、取引先、地域社会をはじめとするあらゆるステークホルダーに対して、当社に対する理解を促進し、重要な情報の公正かつ適時・適切な開示を行います。

(2)当社は、金融商品取引法、その他の法令及び当社の有価証券を上場する証券取引所規則等を遵守します。

(3)重要な情報には法令・証券取引所規則等で定められた情報だけでなく、財務的・社会的・環境的側面等の開示義務がないとされる情報についても積極的に開示します。

(4)当社は、重要な情報開示を行うにあたり、特定の者に対する選択的開示とならないように配慮し、内容的にも時間的にも公平な開示に努めます。

(5)当社は、証券取引所での開示(TD-netでの開示)のみならず、説明会、インターネット、各種印刷物をはじめとする様々な情報伝達手段を活用して、広く、わかりやすい情報開示に努めます。

(6)当社は、重要な情報開示を適切に行えるように、社内体制の整備・充実に努めます。

(7)当社は、情報管理を徹底し、インサイダー取引の未然防止に努めます。

将来の予測に関する事項について

当社が開示する計画・将来の見通し・戦略等の中には、将来の予測に関する事項が含まれている場合があります。これらは当該時点において入手可能な情報による判断及び仮定に基づいているため、その予測の前提条件や不確定要素などを十分に説明し、市場に誤解を与えることがないように努めてまいります。

IR沈黙期間

各四半期の決算期日から各決算発表時までを「IR沈黙期間」として、決算及び業績見通しに関するコメントないし質問への回答は控えさせていただきます。